工場長のひとり言

セントラルサービスステーション工場長のブログです.
<< 工場長にほとり言 | main | 工場長のひとり言 >>
工場長のひとり言

昭和初期のジャガーの修理ですが何処に持って行っても修理が出来なく当工場に来たのです

6気筒SUキャブレターです。エンジンの調子が悪く困り果て何処で聞いたのか来社したのです。

早速どうしてエンジンの調子が出ないのかトラブルを探したのです。

一般のエンジン調整を施し何とかある程度は良くなりましたが気にいるような調子が出ないのです。

試運転するのですが物足りなくこのような状態では渡すわけにはいきません。

ほかの工場の意見ですがキャブレーターを取り換えれば良いのですが車があまりにも古く部品がありません。そのためのほかの工場はあきらめて出来ないとの事です。部品がないと言っても何とかしないと如何にもならず原因究明に力をかけました。

どうしてキャブレーターが正常に作動しないか不自然です。ありとあらゆる調べた結果は前側のキャブレーターとの空気の吸入量が違うのです。前側の吸入量が少ないのです。どうして少ないか調べた結果はベンチュリーの摩耗だと分かったのです。空気の入るところのピストンが長い間作動で摩耗していたのです。こうなれば早いもので早速製造になり作っていただいたのです。出来上がり取り付けて試運転です。エンジンの調子は最高ですこの様な事でした。

原因がわかれば必ず修理はできるのです。結果1週間かかりました。上出来です。

| 工場長 | 工場長のひとり言 | 19:02 | comments(0) | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

このページの先頭へ